読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EAT LABO|福岡 薬院 たべる研究所

とことん「食べる」を「研究」していくサイト

EAT LABO

Do you like to eat?

【レシピ】スパイス香る、大人のチョコレートケーキ

デザート 本格レシピ

バレンタイン直前ということで、カカオ分70%チョコレートを使用したチョコレートケーキのレシピをご紹介します。

今回は、基本のチョコレート・パウンドケーキにスパイスを加え、仕上げにはラム酒を。大人のチョコレートケーキに仕上げました。

f:id:eat-labo:20170208200945p:plain

f:id:eat-labo:20170211142321j:plain

材料

パウンドケーキ型 1本分

①無縁バター・・・75g
①きび砂糖・・・75g

②チョコレート・・・75g
(Cacao70%)
③アーモンドパウダー・・・30g
④卵・・・100g弱(2個分)

⑤薄力粉・・・30g
⑤ベーキングパウダー・・・3g
⑤ココアパウダー・・・15g   
⑤スパイス・・・1.5g 
(シナモン・ジンジャー、カルダモン、クローブ

ラム酒・・・大1
⑥くるみ・・・適量
ラム酒・・・20ml~

-----------------------------------------------------------------------

材料について

今回使用したチョコレートはこちら、フランスヴァローナ社のチョコレートです。製菓材料店や、ロフトでも購入することが出来ます。

カカオの苦みをダイレクトに感じることができ、口の中に残る微かな酸味がとても心地よいチョコレートです。

f:id:eat-labo:20170211143138p:plain

boutique.valrhona.co.jp

バターは四つ葉の無塩バター、レモンは広島産を使用しています。

スパイスは、シナモン・ジンジャー、カルダモン、クローブの4種類。配合はシナモン主体がおすすめです。4種類も揃えるのが大変であれば、チャイ用のスパイスミックスに同様のスパイスが入っており、食材輸入雑貨店などで手に入るかと思います。

もちろんシナモンだけでも大丈夫ですが、鼻をくすぐる生姜の香り、爽やかなカルダモン、つんと刺激的なクローブ、やはりどのスパイスもオススメです!

作り方

[準備]

・チョコレートをボウルに入れ、湯せんにかけ溶かしておく。

・卵、バターは常温に戻しておく。

Point  冷たいまま混ぜると生地が分離しやすくなり、ぼそぼそしたケーキになってしまいます。

・粉類はふるっておく。

・くるみは100℃程度で10~15分ほど焼き、5mm程度にする。

・オーブンを180℃に温めておく。

・パウンドケーキ型にクッキングシートを敷いておく。

 

①ボウルの中でバターときび砂糖とすり合わせる。ハンドミキサーで3~4分、白っぽくなるまで泡立てる。

Point 最初にバターと砂糖をしっかりと馴染ませる。砂糖の保水性により、卵を加えた際にバター(油分)と卵(水分)が分離しにくくなります。

②溶かしておいたチョコレートを①のボウルに加え、へらで混ぜる。

③ふるったアーモンドパウダーを加えてへらで混ぜる。

④卵を白身を切るようによく混ぜる。③のボウルに10回に分けて少しずつ加えながら、ハンドミキサーでよく混ぜる。

⑤ふるった薄力粉・ベーキングパウダー・ココアパウダー・スパイスを加え、へらで底からしっかり生地を持ち上げながら混ぜる。

⑥粉気がなくなる前にくるみ・ラム酒を加え、さらに混ぜる。パウンドケーキ型に流しいれ、180℃のオーブンで40分程度焼く。竹串を刺して、生地がつかなければ焼き上がり。

Point 途中、焼き色が濃くなりすぎるようであればアルミホイルをかぶせる。

⑦オーブンから取り出し、すぐにラム酒をかける。

Point 熱いうちにかけることで洋酒のアルコール分が蒸発する。

⑧粗熱が取れたらラップでしっかりと包む。完全に冷め、アルコールが馴染んだら食べ頃。

f:id:eat-labo:20170208200906p:plain

 ☝お好みで生クリームを添えて。カカオの香りが強く濃厚なので、小さめにカットしましょう。

簡単なレシピはたくさんありますが、今回はバレンタイン直前ということで本格レシピをご紹介しました。今年は張り切って作ってみようかな…とお考えの方!ぜひチャレンジしてみてください~!

 

とり